二次会の景品を用意する

二次会の景品にはこれ

会費設定が先か予算設定が先か

二次会のビンゴ景品決めは、最初に会費を
設定しておいた方がいいです。


会費で全て賄うのか、それとも新郎新婦の自己負担も
あるのかで予算の決め方が変わってきます。

イベント


一般的に二次会に参加するゲスト1人あたりの会費の金額は
男性が3,000円未満〜5,000円未満、女性が3,000円未満です。


男性よりも女性の方が少し少なめにするようになっています。
会費を設定したら、会費×招待人数=予算となります(新郎新婦の自己負担なしの場合)。


仮に1人あたりの会費が3,000円で招待人数が50人なら、
3,000×50=150,000円で15万円分の予算が使えることになります。

バランス


ただし、招待した全てのゲストが来るとは限らないので
会費ばかりをあてにしてしまうと、費用が足りなくなる可能性があるので注意しましょう。


二次会のビンゴの景品決めは、まずは会費設定でどれくらいゲストの会費で
賄えるのかを考えてみてから予算設定するといいでしょう。


ただ、絶対にこだわりの二次会にしたいというのであれば、
最初に予算を設定してそこから会費を設定するという方法もあります。


この場合はゲストの負担が大きくなる可能性があります。
心苦しいというのであれば、最初に会費設定をして抑えるように
会場選びを工夫したり、新郎新婦の自己負担で賄えるように調整してみましょう。


ビンゴの景品は高級品や贅沢品を用意したいという場合も
あるかもしれませんが、ビンゴ以外にもお金はかかるので注意しましょう。